ブログ・すみれニュース

すみれ自然農園食堂の「旬」の様子や「」と「食」の『Farm to & with プロジェクト』に関する情報をお知らせします。

「ブログ・すみれニュース」一覧

【コロナ後を考える】地方のレストランが歩む道

1 地域の飲食店の役割は・・・ 

 これからの観光は「街にいい飲食店がある」こと。私たちは「地域のレストランは、地元を引っ張っていく牽引的な役割を果たすべき」と考えています。地元から「原価削減よりも、豊かな食、地域の農業のことをもっと考えていこうよ」という料理人が増えれば、地方はもっと変わると信じています。

2 話題となるヨーロッパの小さな観光地

 今、イタリア、スイス、スペイン、フランスなどの「小さな町」が世界中の人に人気です。美食家たちをターゲットにし、飲食業を高度に発展させ、「稼ぎ」をしっかりと第一次産業に「還元」し、地域全体を支える「循環」の仕組みで、町や村の「繁栄」に繋げています。

3 地方のレストランが持つべき魅力は?

 料理人の一皿の上には「第一次産業」の全てが載っています。そして、それに携わる人たちの人生が託されています。都会の有名シェフにも作れない、そんな料理が食べられるのが地方のレストランの魅力。訪れれば本物に触れる豊かな「食」の世界が広がります。 

 その魅力は・・・、

① 料理人が選んだ新鮮な食材、安心・安全で、おいしい食事を楽しむことができる。

② 地域の「農産物」が理解でき、その「地域」を知ることができる。

③ 地域の「食文化」を楽しむことができる。 など

4 地方のレストランとして大切なこと!

 田舎の料理人が単に食事を提供する飲食店というだけでは、何の土産話にもなりません。他とは違う特徴や魅力などの「話題性」をどうアピールするのか、工夫が大切です。地方のレストランは、いかに「美味しいもの≒気持ちのよいもの」の提供ができるかではないでしょうか?   

 人口規模や不便さを言い訳に、あきらめてはいけません。

 まさに農家レストランには、収穫後、直ぐに調理して提供できるなど、作り手の顔を知ることができる安心感があり、穫れたて新鮮な旬の農作物を食材とする強みがあります。そして、「食」への意識が高い層などから注目され、しっかりと「地域の魅力」を発信できる素地があると思います。

 私たちは、コロナ後を考えて地域のために、しっかりと歩みたいと思います。

2021年03月15日

「里山農法への道」(土作り教室)の開催について【参加者募集】

『里山農法への道』の参加者を募集します。
●環境にやさしい栽培をしたい。 ●安全な作物を育てたい。そんな皆様に「長野県エコファーマー」が、納得のポイントを御紹介します!

・募集人数 10名様  ・参加料金 500円/日(資料代)  ・持ち物 筆記用具 飲物など

お申込み・お問合せ ℡:0265-86-5312 (「下の「お申し込み」で、メールによる方法でも可能です。)

2021年「里山農法への道」スケジュール(予定)  

開催月日       内 容

4月4日(日) 自然農法と有機農法

5月9日(日) 取ってよい雑草と残してよい野草

6月6日(日) 病害虫の発生要因と無農薬栽培のポイント

7月25日(日) コンパニオンプランツと輪作

9月5日(日) 有機質肥料の種類と特徴

10月3日(日) 必須元素の種類と役割

11月7日(日) 完熟堆肥の見極め

*開催時間は、「13:30~15:30」を予定しています。

*1~3月、8月、12月は、お休みです。

*作業内容は、天候、圃場等の状態により変更する場合があります。

*野外では、作業のできる服装(長袖、長ズボン、帽子、手袋、長靴又は足袋等)でご参加ください。

*夏の時期は、ブユなどの「虫よけ対策」をおすすめします。

*野外での作業になりますが、雨天の場合は「座学」となります。

●「里山農法」とは・・・

 里や山の「有機資源」を生かして循環させ、豊かな森を育むような生命力あふれる「土」をつくり、人の手で多様な「耕地生態系」を守りながら、農産物を生産する農法です。

2021年03月01日

信毎 本のWebの「そろそろ 本気で信州移住」に紹介されました!

 「そろそろ 本気で信州移住」は、フリーライターの北尾トロさんによる信濃毎日新聞の連載サイト。移住先として高い注目度を誇る信州には、たくさんの移住者が活躍しています。今回、先輩移住者とは、ほどほど言えない私たちが、紹介されました。連載された皆様に比べ、その実態は・・?   

 実は、たくさんのお金は得られなくても、たくさんの御縁を紡ぐことができました。移住・・・、意外といいですよ!

2021年02月12日

「天使のカボチャ」が学校給食にデビューしました!

 すみれ自然農園食堂で生まれたオリジナルのカボチャ・・・、甘くて大きなおいしい「天使のカボチャ」が、初めて給食の食材として使われました。メニューは天使のカボチャのポークカレー!食べた子どもたちの笑顔を思うと生産者として非常に嬉しく思います。みんな、おいしく食べてくれたかな。愛情込めて調理して頂いた飯島町の給食センターに感謝申し上げます。

2020年11月13日

「信州Go To Eatキャンペーン」はじまります。

 「信州Go To Eat キャンペーン」とは、感染予防対策に取り組みながら頑張っている長野県内の飲食店を応援し、食材を供給する農林水産業を応援するキャンペーンです。11月9日から長野県内の郵便局で、加盟飲食店で利用できる25%プレミアム付き食事券の販売が開始されました。

 すみれ自然農園食堂でも、この食事券が御利用できます。ぜひ、お越し下さい。お待ちしています。

 食事券の使用有効期限は、2021年3月31日(水)までとなります。

 

 

 

2020年11月09日
» 続きを読む