ブログ・すみれニュース

すみれ自然農園食堂の「旬」の様子や「」と「食」の『Farm to & with プロジェクト』に関する情報をお知らせします。

「ブログ・すみれニュース」一覧

「職場体験」を行いました。

 職場体験とは、生徒が事業所などの職場で働くことを通じて、職業や仕事の実際について体験したり、働く人々と接したりする学習活動です。10月16日~18日に飯島中学校2年生の女子生徒(2名)さんが、すみれ自然農園食堂においでになりました。

 野外での農的体験や野の花を使った生花体験など、あっという間の3日間でしたが、色々なことに気付かれた様子でした。

 心優しい生徒さんの将来の夢や希望が実るよう応援したいと思います。

 

2019年10月18日

「天使のカボチャ」の御紹介

 天使のカボチャとは、おいしいカボチャを選抜栽培していた時に、偶然に自然交配して誕生したすみれ自然農園食堂のオリジナルの品種です。「このカボチャを食べると赤ちゃんが、ニッコリするの!」というお声を頂いて、『天使のカボチャ』(*)と名付けました。


 このカボチャの魅力は、なんといっても甘くて大きいこと。
 おいしい両親の系統を引き継いで生まれた品種の特性はもちろんのこと、高冷地特有の夏における日中の寒暖差、そして、秋から冬にかけての低温が、このカボチャの甘さをさらに増幅させます。


 表皮は灰色から薄緑色で、一般的な大きさは2kg前後ですが、3kgを超える大物もあります。果肉は鮮やかな橙色で、切った時にメロンのような芳香があります。また、加熱するとホクホクしっとりとした食感があり、蒸しただけでも十分に甘さが堪能できます。


 このカボチャ1個(2kg位)で、カボチャチーズケーキ(15cm丸型)が約4個、カボチャプリンがココットで約42個できます。非常に甘いため、すみれ自然食堂のカボチャ料理とスウィーツは、人気メニューになっています。
 ぜひ、市場に流通しない希少な甘~いカボチャをご堪能下さい。おいしくなるのは、10月下旬頃からです。

 *交配親が正確ではないため、品種登録はされていません。

(注1)低温にあたったカボチャを暖かい場所に置くと腐りますので、保存する場合は、必ず10℃位の冷涼な場所で保管して下さい。
(注2)調理する場合は、弱火でじっくり、時間をかけて加熱して下さい。

2019年10月14日

「信州食育発信 3つの星レストラン」に登録されました!

「信州食育発信 3つの星レストラン」とは、おいしく食べることを通じて、健康のこと、食文化を伝えていくこと、環境を守るためにできることを教えてくれる飲食店のことです。

 この度、すみれ自然農園食堂が、長野県より、この認定を頂くことができました。安全な野菜の生産販売から安全で健康な食事を提供する農家レストランとして、非常に名誉なことと感じています。「健康」・「食文化」・「環境」は、どれも“食”とつながっています。

 今後も皆様に喜ばれるお野菜とお食事を御提供できるよう努力をして参りたいと思います。

2019年10月04日

テレビで紹介されました!

 2019年9月22日(日)、BSテレビ東京の番組「カンニング竹山の新しい人生、始めます!」の放送で、すみれ自然農園食堂が紹介されました。丁寧に番組を制作されたスタッフの方、取材に御協力してくれた町の皆様、本当にありがとうございました。 

 番組をご覧いただいた皆様、そして、カンニング竹山さん、ジャガー横田さんとその旦那様の木下博勝さん、アナウンサーの角谷暁子さんも南信州飯島町に遊びに来てくださいね。

 お待ちしています。

2019年09月22日

ブルーベリー

 ヨーグルトに入れたり、パイにしたり、色を楽しみながらいろいろな食べ方ができるブルーベリー。今が旬を迎えています。体内の炎症を抑える抗酸化物質のポリフェノールが豊富なことは、有名ですね。健康のためには、週に3~5回ほど食べるのがよいとのことです。

 すみれ自然農園食堂の近くには収穫体験ができるブルーベリーの観光農園があります。この季節、収穫のついでにお食事もいかがですか?ブルーベリーを使ったおいしい甘味も食べれますよ。皆様の御来店をお待ちしています。

2019年07月28日
» 続きを読む