ブログ・すみれニュース

すみれ自然農園食堂の「旬」の様子や「」と「食」の『Farm to & with プロジェクト』に関する情報をお知らせします。

「ブログ・すみれニュース」一覧

ブルーベリー

 ヨーグルトに入れたり、パイにしたり、色を楽しみながらいろいろな食べ方ができるブルーベリー。今が旬を迎えています。体内の炎症を抑える抗酸化物質のポリフェノールが豊富なことは、有名ですね。健康のためには、週に3~5回ほど食べるのがよいとのことです。

 すみれ自然農園食堂の近くには収穫体験ができるブルーベリーの観光農園があります。この季節、収穫のついでにお食事もいかがですか?ブルーベリーを使ったおいしい甘味も食べれますよ。皆様の御来店をお待ちしています。

2019年07月28日

無事に撮影が終了しました!

 7月12日(金)~14日(日)の3日間に行った東京にあるテレビ局による取材と撮影が無事に終了しました。番組の放送は9月とのこと。どんな内容になるのでしょうか?御出演頂いた皆様には、大変お世話になりました。ありがとうございます。全国の皆様に、もっと飯島町を知ってもらえればいいですね!

2019年07月15日

風を感じる”飯島農楽部”に参加してみませんか?(募集のお知らせ)

 農的な「スローライフ」の体験です!
田舎暮らしの醍醐味は、自分の頭で考えて行動ができることです。食事・趣味・野良仕事・・・生活するという全てのことを自分で考えるからこそ、そこに喜びが生まれてきます。


 「夢」の第一歩として、まずは『体験』をしてみましょう。南信州の飯島町は「風土よし、風情よし、風景よし」の素晴らしい地域です。守るべき自然と、人が上手に共生するために必要な作業を体験します。


 自然保護、環境保全、自然農法、自給自足・農的暮らし・新規就農など・・・「里の自然」に憧れる人たちのための企画です。


●ポイント
・自然と共生して作物を育てるには、まず畑の「野草」とよい関係を作ることが必要になります。
・そして、作物を上手に自給するには、よい「土作り」が不可欠となります。
・体験では、この二つをポイントにして、希望者の意向・目的に沿った「四季の風」を感じる個別・段階別なコースを準備しています。

 詳しい内容は、「体験企画」(ソーシャル・アグリイベント)をご覧下さい。ご応募をお待ちしています

 

2019年06月01日

 南信州の飯島町は「栗」の名産地。この時期は、栗園で剪定の音が響きます。栗は太陽の日差しが大好きな植物。春から芽吹く木々の葉にたっぷりの光が当たるようにすることは、栗の生育にも大切なこと。ベテランの農家さんが剪定した後の栗の木は、すっきりと新梢(結果母枝)が天高く伸びます。パチン、パチン・・・、静かに響く鋏(ハサミ)の音は、冬の風物です。

2019年02月17日

移住時代のはじまり!

 2019年度、政府は、首都圏から地方にUIJターンし、就職・起業した人に対する「支援金制度」を創設するとのこと・・・。
 でも、移住するには、未来設計を考えた、ぶれないヴィジョンを持つことが大切です。

 「急いで移住、ゆっくり後悔」では、移住した人も、移住先の人にも「不幸」なこと。まずは、①行って、②見て、③聞いて、④語って、⑤考えることから始めるのが大切です。

 そこで、気軽にできるのが、『体験』です。「触れて、嗅いで、食べて・・・」と身体を研ぎすまして、五感から沸き起こる本能的感覚を大切に、未来への楫(かじ)を切っても、よいのかもしれません。

 慌てる必要は、何もありません。自分の「運命」を決めるのですから「何度でも、じっくりと、納得するまで」時間をかけましょう。
 
 すみれ自然農園食堂では、地方生活に関心を持つ人のために、多様な体験企画を準備しています。日時、料金なども内容に応じて設定が可能です。 

 あなただけの大切な「時」を「幸」(さち)なものに致します。どうぞ、お気軽にご連絡ください。お待ちしています。

2019年01月26日
» 続きを読む