ブログ・すみれニュース

すみれ自然農園💛食堂の「旬」の様子や「農」と「食」の『Farm to & with プロジェクト』に関する情報をお知らせします。

「ブログ・すみれニュース」一覧

「もみがらかま」がやってきました!

昔の里山では、地域の資源を大切にした生活がありました。人の営みの中でも特に重要であったのが食べること。毎日欠かせない調理は、きっと大変だったと思います。すみれ自然農園💛食堂では、不便を味わうことも「」に通じると考え、ご飯を炊く古い道具を探していました。今回、お世話になっている方を通じて、伊那谷で使われていた「もみがらかま」を譲っていただきました。米のもみ殻を燃料にする昔の「組立式炊飯器」です。持ち主様のご厚意により修復されたもので、人の優しさがこもった歴史を感じさせる逸品です。「未来を創ること」=「歴史を学ぶこと」。古きを知り、長く大切に使いたいと思います。

2018年05月20日

「食部会」に入りました。

飯島町には、官民の連携で「儲かる町」を創出することを推進するために設立された『営業部』があります。この部には、いくつかの部会があり、この度、すみれ自然農園💛食堂は「食部会」に入会させて頂きました。食や特産品をテーマにした「まちづくり」の推進と実践を図るとのことです。今後、地域のために「ロイアル・ファーム構想」や「地域自給化構想」などを提案したいと思います。

2018年05月18日

草抜き

すみれ自然農園の3号圃場は、かつて蕎麦畑でした。広さは15.5a。南は竹やぶ、北は高さ約6mにも及ぶ急な斜面(法面)です。土地は痩せ、午前中は日陰で、草刈りが大変な条件の悪い農地です。今、ある「」がたくさん、そして、大きく伸びています。ところが、この大きな草は直根のため、簡単にズッボと抜けます。これが、やりはじめると意外と止まりません💛いいストレス発散になります。この「草抜き」、皆さんも体験してみませんか?

2018年05月11日

ふたつのアルプスが見えるやさしい農園での「ネイチュア・アグリ派体験会」の開催について(募集のお知らせ)

 少人数参加型の体験イベントです。南信州の静かな里山で、自然の魅力を感じてみませんか。焚火を使った食事が付いています。

 参加をご希望される場合は、3日前までに電話かウェブサイトにより申し込みをお願いします。(食べられないものがある場合は、申込時にお伝えください。)

時 期:7~11月の第三週(火)・(木)・(土)の10時00分~15時00分

 7月17日、19日、21日 ・ 8月14日、16日、18日 ・ 9月11日、13日、15日 ・ 10月16日、18日、20日 ・ 11月13日、15日、17日

場 所:すみれ自然農園(標高775m、上伊那郡飯島町の「奥」にある里山)

連絡先:0265-86-5312(9:00~19:00)

H/Pからの申込み:http://sumirefarm-sachi.com/contact1.html(ウェブサイトで申し込む場合は、企画タイトルの欄に「ネイチュア・アグリ派体験」と記入して下さい。)

募集対象及び参加費:18歳以上男性 3,000円、18歳以上女性 2,500円、中学生以上の学生 2,000円(*小学生・乳幼児不可)

 *野外で火と刃物を使いますので、お子様は不可となることをご了承下さい。

募集人数:先着6名様

集合場所:中央高速道・飯島バス停駐車場

その他:雨天の場合は、中止となります。

(注)フィールドに適した服装(長袖、長ズボン、帽子、運動靴、作業用手袋など)で、ご参加下さい。

   キャンセルの場合は、3日前までにお知らせ下さい。

2018年05月01日

「健康企業」おいでなんしょ!(募集のお知らせ)

 ふたつのアルプスが眺められる南信州にある小さな町の小さな農家からの御案内です。

 企業として自然保護・里山保全と農業支を「福利厚生の取組みとして採用したい!」&「従業員をリフレッシュさせたい!」のであれば、豊かな里山での『自然派体験』はいかがですか。異空間での身体と心のリフレッシュは、新しいアイデアを生み出すかもしれません。
 そして、異業種界で働く人たちとの交流(マッチング)も可能ですので、偶然の出会いが人脈となり、新しい道が開くかもしれません!

 まずは、御登録(無料)からしてみませんか。自然に優しい「健康経営」を目指す企業の皆様からのご連絡をお待ちしています。

・開催時期:7月~10月頃までの平日
・開催場所:すみれ自然農園💛食堂 長野県上伊那郡飯島町(中央高速道「飯島バス停」近く、徒歩約15分)
・参 加 費:3,500円/日(昼食付き)
・参加人数:6名様/日

2018年04月11日
» 続きを読む