【脱炭素】に取り組んでいます。「豊かな自然との共生(人間らしいライフスタイル)」を目指して

 2020年10月26日の臨時国会で、「2050年カーボンニュートラル、脱炭素社会の実現を目指す」ことが宣言されました。

 森林や里地里山を手入れしながら、木材や自然資源(バイオマス)として活用することは、暮らしを支える豊かで美しい自然を守り、共生する人間らしいライフスタイルを再構築することにつながります。

 すみれ自然農園食堂は、地域資源の最大源の活用により、地域の課題解決を目指しています。また、化石燃料起源の CO2ゼロエミッション化を意識した取り組みもしています。

 地域にある有機資源の循環、不耕起栽培による耕耘機の不利用、有機マルチによるビニールマルチの不使用・・・
 私たちが日々、実践している「自然にやさしい農法」を応援して下さい。

 * 取組みの内容は、SDGsの取組みとして、農林水産省のHP内の農業女子PJでも紹介されています。

2021年05月31日