ブログ・すみれニュース

すみれ自然農園食堂の「旬」の様子や「」と「食」の『Farm to & with プロジェクト』に関する情報をお知らせします。

「ブログ・すみれニュース」一覧

「経営の神様」から学んだ観光

 こんな時・・・、

 雪深い日に、一冊の書籍を静かに読みました。

 その中に書かれていた言葉です。

「日本においては、観光は決して単なる見世物商売でなく、それは、持てる者が持たざる者に与えるという崇高な博愛精神にもとづくべきものだと思います。
 その持てるものというのは、日本の景観の美であり、自然の美しさです。フジヤマだけが日本の景観ではありません。山、谷、川、海、これが皆、美景で、日本に来る外国人客は例外なくその美しさをたたえています。自然の美しさでは、日本の地位は世界の一、二位ではあっても、決して三位とは下るまいと思います。
 こんな美しい景観の美を、日本人は今まで自国のみで独り占めしていたのです。考えてみればもったいない話で、石炭や石油ももちろん大事ですが、美しい景観もまた立派な資源だとすれば、むしろ日本の場合は、その重要さにおいていかなる埋蔵資源にも勝るとも劣らないと言えるのではないでしょうか。
 そのうえ、日本は東洋のはてにあります。しかし、日本が欧米から遠いことは、決してマイナスではなく、むしろプラスです。つまり、総じて遠くに魅力を感じるのが人間の心理だからです。この点、日本はおあつらえむきです。
 戦後、経済自立の道として、工業立国、農業立国あるいは貿易立国などとやかましく叫ばれて、多くの金も費やられました。しかし観光立国こそ、我が国の重要施策として最も力を入れるべきものと思います。
 というのは、なんといっても観光立国によって生み出されてくる最大の利益は、日本が平和の国になるということにあるからです。ですから観光立国は何も金もうけのためだけでやるのではありません。持てるものを他に与えるという博愛の精神からも、また国土の平和のためという崇高な理念からも、堂々とこれを実行すべき唯一の立国方策なのです。
                                                  昭和28年9月22日 松下幸之助

 戦後間もない頃に、すでにこのような考えをお持ちとは・・・、

 コロナ禍の中、地方に住む者として、この持てる「埋蔵資源」を有効に活用する大切さを改めて考えました。

 

2022年02月11日

「しあわせ飯島くらぶ」【参加者募集のお知らせ】

田舎で農的暮らしをしたい独身の男女を募集します。

飯島町で唯一「縁」ある『出会いの場』が提供できるオーガニック農家・・・それが「すみれ自然農園食堂」です。
すみれの花言葉は「小さな幸せ」です。男女の出会いは「運命」。出会うために行動することは「意志」・・・
地球上のどこかで・・・いつか出会うという「奇跡」の・・・ほんの“小さな”お手伝いをさせていただきます。

お申込みをお待ちしています。

2022年01月15日

「里山農法」への道 【参加者募集のお知らせ】

伊那谷オーガニック・クラブ 第4回 「里山農法」への道 2022年 参加者を募集します!

野菜は自分で作る時代です! 長野県エコファーマーが、納得のポイントをご紹介します。

■時 間 13:30~15:30
■場 所 すみれ自然農園食堂   
■参加費 500円(資料代)
■持ち物 筆記用具・飲物

■内 容

 自然農法と有機農法の違い、取ってよい雑草と残してよい野草、雑草管理、病害虫の発生要因、無農薬栽培・不耕起栽培のポイント、コンパニオンプランツ、輪作、有機質肥料の種類と特徴、必須元素の種類と役割、完熟堆肥の見極めなど

● 年間スケジュール(予定)    1月~2月、8月はお休みです。

日 程
3月5日(土) 顔合わせ会 甘味代:500円
4月2日(土) 、5月7日(土) 、6月4日(土) 、7月9日(土) 、9月10日(土) 、10月15日(土) 11月12日(土)
12月3日(土) 修了式 甘味代:500円

●「里山農法」とは・・・         
 里や山の「有機資源」を生かして循環させ、豊かな森を育むような生命力あふれる「土」をつくり、人の手で多様な「耕地生態系」を守りながら、農産物を生産する農法です。

2022年01月11日

オーガニックの普及に向けて 【生産出荷者を探しています!】

伊那谷は 山と森と水に恵まれた素晴らしい地域。すみれ自然農園食堂では、そんな自然豊かな場所で、環境に配慮した栽培法に取り組む「出荷者」の方を探しています。飯島町で、販路拡大・技術研究など大切なことをみんなで一緒に考えてみませんか。

 ご連絡をお待ちしています。

2022年01月08日

「和」のワゴンができあがりました!

 中川村の木工作家の方にお願いしていたオーダーメイドのワゴンができあがりました。日々の創作に忙しい中、釘やネジを一切使わない日本の伝統的な「木組工法」で作り上げて頂きました。材質は、無垢の山桜(ブラックチェリー)。天然素材のウッドワックスが醸し出す木肌の色合いは「和」の空間にピッタリです。制作して頂き、本当にありがとうございました。大切に使わせていただきます。

 伊那谷には多くの工芸・芸術の作家さんが活躍されています。皆様も、ぜひ、工房を覗いてみて下さい。
 作品は、春からお客様にお披露目いたします。

2022年01月08日
» 続きを読む